ウイスキー旅

初めての秩父蒸溜所オープンデイ参加と秩父ウイスキー祭前夜祭

IMG_0957
大都会池袋からこんにちは。

2月と言えば秩父ウイスキー祭ですので
何ヶ月も前から宿やチケットの争奪戦を勝ち抜いて準備してきましたよ!

IMG_0959
西武鉄道に乗りながらハイチオールC飲む。

酒を飲む時の隠れた秘薬らしいです(怪)
よく見たら瓶にも「二日酔い」と書いてるからマジ効きそう(・∀・)

IMG_0960
自宅から6時間少々かけて秩父に到着、すでにしんどい(弱)

IMG_0964

IMG_0965
まずは西武秩父駅前にある「秩父令和商会」さんへ。

令和って付いてるだけあってかなり最近出来たお店みたいです。

IMG_0968
お土産物屋さんのはずなんですが…

IMG_0970
何故かウイスキーの有料試飲やってます( ゚ω゚ )w

初めはツイッターで知ったのですがツイートを見ていると
店主さんは確実に危ないレベルのウイスキー変態ですね←

IMG_0966
そんなわけで秩父に到着して早速秩父!

秩父エディション2019はラムカスクで甘ウマ(゚∀゚)

他にも色々ヤバそうなウイスキーがあって飲んでみたかったんですが
店内は全国からやってきたと思われるウイスキー変態でほぼ満席。
ちょっと空いたと思っても続々と人がやってくるw

さらにこの後はイベントが控えているのでじっくりと秩父エディションを堪能して退店。

IMG_0976
本当はお昼ごはんに秩父名物の「珍達そば」を頂こうと思っていたが
店の前にすんげぇ行列:(;゙゚’ω゚’):

抜かりなく用意しておいたプランBに変更「はなゆう」というお店に。

IMG_0975
きのこそば食う( ^ω^ )ズビビビビ

IMG_0981
食後は秩父神社近くにある「麻屋」さん。

酒屋さんなんですがウイスキーのボトルだけじゃなく
15ml,30mlなんかの小分け販売もやっているという珍しいお店。

しかもそのラインナップが相当にマニアック(・∀・)

ティーリングの29年とか凄く気になったんですが
明日の帰りに寄ればいいか!って思ってたのに忘れた(あほ)

IMG_0983
明日の祭の舞台である秩父神社に来ました。

IMG_0982
秩父ウイスキー祭の前夜祭である「みやのかわナイトバザール」のチラシもらった。

去年「ちょい呑みチケット」で飲みすぎて死にかけたので今年は買わない。
あれは「ちょい呑み」じゃなくて「酒呑みチケット」です←

IMG_0986
さて、ここでバスに乗車します。

今回は毎年ウイスキー祭前日に行われる「秩父蒸溜所オープンデイ」に参加します( ^ω^ )

秩父蒸溜所は普段は見学を行っていないので
一般人が蒸溜所見学するにはこの日しかないのです。
そんなわけで人気は凄まじくチケットが販売されると大体1分弱で全て売り切れる(恐怖)

去年もチケット争奪戦に参加しましたがサイトになかなか繋がらず
やっと繋がったと思ったら終わってた。

しかし今年は何故かゲットすることに成功!

IMG_0987
神社からバスで20分ほどで憧れの秩父蒸溜所に到着。

「見学用に造られてないので足元等に気をつけてください」
ってこと見学スタート!

IMG_0988
まずは原料である大麦の説明から。

ノンピートとピーテッドタイプの麦を試食(・∀・)じんわり旨い

IMG_0991
こちらがガイドの奥山さん。
ウイスキーイベントの時にベンチャーウイスキーブースで良く見かけますね。

IMG_0992
麦芽を粉砕する機械モルトミル。

IMG_0993
挽く細かさによって「ハスク」「グリッツ」「フラワー」に分かれる。
総称して「グリスト」と呼びます。

ウイスキー検定で勉強しましたね(・∀・)懐かしい

IMG_0996
粉砕した麦芽は糖化槽に運ばれてお湯と混ぜ混ぜして甘い麦汁が作られる。

IMG_0997
そして発酵槽に投入。

うおおおおおおお!
これが世界で唯一秩父蒸溜所のみが使用しているミズナラ製の発酵槽でござるか!!!(興奮)

ミズナラにしか定着しない乳酸菌が秩父の個性豊かな味わいを作っておるのですよデュフフ

IMG_0999
発酵槽の中の様子を覗かせてもらえるとは!!!

なんかすんげぇフルーティーな香りしました(゚∀゚)すでに美味そうw

秩父蒸溜所ではフルーティーでリッチな香味のウイスキーを目指しているために
発酵の時間を多めに取っているそうです。

IMG_1004
発酵を終えたモロミはポットスチルで蒸溜されてニューポットとなります。

ポットスチルの形状はストレートヘッド型でラインアームが下向き。
これを見るだけでも重厚な味わいのウイスキーを造るぞという姿勢が分かりますね(マニアック)

初留釜と再留釜が一基ずつしかないので
一日で200Lほどしか生産出来ないとのことで( ゚ω゚ )そりゃあ品薄にもなりますわな

蒸溜所は大手メーカーの山崎と余市にしか行ったことがないので
ポットスチルがずらっと並んだ光景しか知らない俺にとっては新鮮な眺めです。

あわせて読みたい
山崎蒸溜所の2000円ツアーに2度目の参加してみた今までウイスキーネタは旧ブログの方に書いてましたが先日、余市蒸溜所の記事をこっちに書いたし蒸溜所見学なら日帰り旅行のカテゴリになるだろ(...

IMG_1007
蒸溜したウイスキーは全部使えるってわけではなく
蒸溜中もどんどん香味が変化していくのでそれを見極めて
美味しいとこ取りをするシステムです。

そんなわけで蒸溜中にどんな感じで変化していくのか体験コーナー。

一通り嗅いでみましたが分かったような分からんような( ゚ω゚ )←

IMG_1008
続いてポットスチルを間近で見てみようコーナー。

IMG_1009

IMG_1011
こいつでニューポットの選別を行います。ピカピカでかっこいいね。

IMG_1015
続いては

IMG_1016
熟成庫です(゚∀゚)

IMG_1017
左のタンクがワールドブレンデッド用で右の卵型のやつがワインウッドリザーブ用です。

3,4年くらい前にタンクが壊れたか何かでワインウッドリザーブが激レアになった時期がありましたね。

IMG_1024
樽の置き方は伝統的なダンネージ式。

余市も山崎も同じスタイルでしたね(・∀・)そろそろラック式が見たい←

IMG_1027
最後はお待ちかねの( ^ω^ )

IMG_1028
イチローズモルト飲み放題タイムです!

IMG_1029
リーフシリーズにホワイトラベル、リミテッド、そしてオンザウェイ!!!

一通り飲みましたがオンザウェイだけ3杯飲んだ(゚∀゚)
秩父蒸溜所でイチローズモルトが飲めるとか感動して漏らしそうです。ちょっと出た。

ここには社長の肥土伊知郎氏もおられまして
ボトル持ってきてた人がサインもらってました( ゚ω゚ )いいなぁ

最後に少しだけ肥土さんとトーク。
「今年は登山に行かれるのですか?」と聞いてみた(ウイスキー関係ない)

すると「北岳は行ったから農鳥岳とかいいかも」と言われたので( ゚ω゚ )!!!
「是非とも農鳥小屋のオヤジに会ってみてください!」と猛プッシュしておいた(あほ)

肥土さんVS農鳥オヤジ見てみたいなぁ。

IMG_1035
夢のような蒸溜所見学を終えて戻ってきました。

大手の蒸溜所見学よりも詳細に、間近に見ることが出来て
また造り手の熱意をしっかり感じられて大変有意義でございました(・∀・)争奪戦の価値はあるね!

IMG_1040
本日の宿はホテルルートイン秩父

西武秩父駅から徒歩数分のとこにあるのですがウイスキー祭の会場からはやや遠い。
去年泊まった「第一ホテル秩父」は会場にめちゃ近くて便利なんですが
知らぬ間に満室になってた( ゚ω゚ )

このルートインもギリギリで予約できたレベルです…
去年は簡単に取れたのに年々手強くなってきてる。

IMG_1043
恒例のお部屋チェック。

IMG_1044
空調は部屋ごとの個別式で嬉しいが調整スイッチがなんかレトロ。

IMG_1046
冷蔵庫は大きめでケーキの箱もラクラク入りますね!(前フリ)

IMG_1052
部屋でゴロゴロしてたら腹減ってきたので出かける。

予定ではバーで何かつまみながらウイスキーを嗜むつもりでしたが
ツイッターとか見てたら「めっちゃ混んでるwww」みたいなことばっか書いててやる気なくなった←

かと行って普通のご飯屋さんも混んでそうだしなぁ…
そんなわけで西武秩父駅併設のフードコートで済ませることにしました。
風情に欠けるが並んだりすんの嫌だからね。

豚みそ丼は去年食べたから違うものにしよう!ラーメン…は名物っぽくないなぁ。
わらじカツ…うーん。

おっ!(゚∀゚)これは!

IMG_1053
秩 父 カ レ ー(謎)

カレーに秩父名物のわらじカツと味噌ポテトが乗ってるスペシャルメニューです!

早速いただく( ^ω^ )モグモグパクパク

おぉー!

カツカレーやないか!( ^ω^ )
カツカレーの味噌ポテト乗せや!

しかも味噌汁ついてて「松屋」感が凄い。
普通に豚みそ丼にすればよかった!!!これ1300円もすんねんぞ!!!!

IMG_1057
素敵なディナーを終えて秩父ウイスキー祭の前夜祭である「みやのかわナイトバザール」会場へ。

IMG_1061
「最後尾」という看板が必要なほどの大行列になっているのは
秩父ウイスキー祭実行委員会のブース。

ここでは明日の秩父ウイスキー祭で抽選販売される
超限定のイチローズモルトが有料試飲出来ます。

明日の本番では試飲が一切ないのでこの前夜祭の目玉スポットとなっております。

秩父ウイスキー祭限定ボトル2020
2種類あったんですが有料試飲で1杯1500円だったので片方だけ(貧)

シングルカスク秩父9年 リフィルの羽生ホグスヘッド( ゚ω゚ )うおおおおおおお

早速飲んでみましたが何か独特な香味があり当然ながら美味しいですね。
これが明日の抽選で当たるとか最高じゃないか!(フラグ)

IMG_1062
続いて清水金物というお店の前へ

IMG_1063
ここではひっそりとプライベートボトルの有料試飲やってます。

去年はミズナラウッドリザーブとセットでしたが今年はウルフバーン三峰神社バージョンがセット。

去年は油断してたら速攻でなくなってボトルの底に残ってた一滴だけ飲ませてもらったのです←
注いでもらう時に去年の事を言ってみると
「あぁ!覚えてるよ!一垂れだけ飲んだ人だwwww今年は良かったねwwww」
と言ってもらえました( ^ω^ )w

IMG_1065
15分くらいしてからお店の前を通るともう終了してました( ゚ω゚ )早w

IMG_1068
ここでまた肥土さんを発見したのでスキを見て話しかける。

今回は珍しくウイスキーの事を聞いてみたんですが
こんなド素人相手にもめちゃくちゃ真剣な顔をして語ってくれました(゚∀゚)感動

IMG_1066
肥土さんの知り合い?の人が突然ウイスキー持ってきてご相伴に預かったりして面白いw

IMG_1064
去年はちょい呑みチケットの店舗を回るのに必死であんまり見てませんでしたが
出店が色々あって価格もお手頃だったのでここで色々つまみながらフラフラするのもいいなと思いました。

IMG_1073
今年は結構気温高いから薄着でいいや!って外出しましたが秩父の夜は寒かった。
あまり長居できず早々に帰還(あほ)

この寒暖差がイチローズモルトの熟成を助けるのですね!でも寒い。

IMG_1074
風呂で身体を温めた後は素敵なケーキタイムが始まる。

IMG_1076
秩父餅で有名な水戸屋本店のケーキです!!!
食べたら明日に備えて早めに就寝\(^o^)/

わくわくの秩父ウイスキー祭本番につづく

コメントを残す