北海道の宿

小樽の旅人宿 舎(ヤマキチ)とまや宿泊記

アクセス

IMG_5628
小樽駅からの行き方。

まずは駅前の大通りを小樽運河方面に直進。

IMG_5629
しばらく進むと手宮線跡の線路が現れるので左折。線路沿いに進む。

IMG_5630
これまた少し歩くと「本田鍼灸治療院」って建物が見えるので
ここで線路を離脱。そして直進。

IMG_5631
道路沿いをひたすら真っ直ぐ進む。ラルズマートっていう地元感溢れるスーパーがあれば正解。

IMG_5632
だんだん坂道になってくる。直進。

IMG_5633
物凄い傾斜になってきて引き返したくなるけど頑張る。直進。

IMG_5634
電話ボックスが見えたら左折。

IMG_5635
ちょいと進んだらとまやに到着。
小樽駅から徒歩で40分くらいかな(・∀・)歩きごたえ抜群w

タクシーだと駅から1000円弱だそうです。

部屋・館内

IMG_5477

IMG_5473
まずはお部屋。

二段ベッドが3基搭載されております。こちらが男部屋。
女性部屋は2階にあるみたい。

とまやは旅人宿ってスタイルでして
男女別の相部屋となっております。個室はなし。

IMG_5446
ちゃぶ台がセッティングされた昭和スタイルな談話室。

IMG_5445
暖房設備は薪ストーブ。

IMG_5449
希望者は薪割りが出来るみたいですw

IMG_5483
トイレは懐かしのボットン便所( ゚ω゚ )w

IMG_5485
トイレの中は様々な掲示物があり素晴らしいです( ^ω^ )

IMG_5512
洗面所。

IMG_5481 IMG_5647

IMG_5510
お風呂は浴槽がヒバで出来てます( ゚ω゚ )豪華w

近所の大工さんがちょっと水漏れしてて捨てようとしてたヒバ浴槽をもらってきてくれたそうです。

おぉ、そうじゃ。
旅人宿とかゲストハウスにありがちな設定なんですが
アメニティやタオルなんかはありませんので自分で持ってくる必要があります。
ここだけは要注意です。

忘れても近くにツルハドラッグあるから大体なんとかなるw

IMG_5640
館内には子供さんが描いたと思われる作品が多々あり見ていて飽きない( ^ω^ )

IMG_5525
庭にはリアルうさうさの「ランちゃん」もおるでよ( ^ω^ )

IMG_5665
庭と言えば

IMG_5690
高台にある宿ですのでここから眺める小樽の町並みや山並みは素敵です。

何もせずにここでぼーっとしてるのもいいかもしれない。
っていうかしてたw

朝食

小樽とまや 朝食
とまやでは夕食は近くのお店かコンビニでどうぞってスタイルですが
朝食は付けてもらうことができます(500円)

米に魚の和定食(・∀・)美味しいよ

まとめ

IMG_5637
旅人時代の宿主ベル氏

旅好きで北海道に移住してきた宿主さん御夫婦がやっている宿ですので
旅の情報は山程仕入れる事ができます。

甘いものが好きと言うと即座に周辺のケーキ屋さん等をオススメしてくれるし
明日は○○に行きますと言うと「あそこにある寿司屋のランチが安くて美味いぞ!」と教えてくれたり
何の下調べなしに出かけてきても問題ないレベルです。

むしろ下調べなしで来たほうが面白いかもしれない\(^o^)/

他にも宿に着いた途端に「花見行っておいで、焼きそば食えるから」と突然の花見イベントがあったり
近所のおっちゃんに連れられて晩ごはん行ってシメパフェ食べたり
予想外の出来事が多すぎて凄いw

おっちゃんと飲んでる時に
「予定をガチガチに組んでいくのは【旅行】だ。
事前の予定無しに当日に行き先ややることを決めるのが【旅】なんだよ」
と言われてほほうと思いました(・∀・)俺はいつも旅行だねぇw

いつも【旅行】をしているけど【旅】っぽさを感じてみたい人にオススメの宿です。

逆に常に一人で静かに過ごしたい!って人はやめとこうw
いや、行ってみたら意外な発見があったりするけどね。

予約は直予約のみでメールか電話での受付となっておるので
こちらのページからどうぞ。
小樽の宿 舎とまや

コメントを残す